スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


[Demonstration] Support us to stop gang stalking! (2014 / A peaceful protest will be held in Tokyo)
カテゴリ:'14 11月1日秋葉原 集団ストーカー犯罪撲滅デモ / テーマ:お知らせ / ジャンル:ニュース
サムネイル用最終確認版



A peaceful protest will be held in Tokyo
Saturday, 1 November 2014

Meeting  Place / Time:
Ochanomizu Park,Akihabara(Bunkyo),Tokyo / 14 : 30





Starting Time (Demonstration):
Around 3 P.M.(time may be changed)




(ACP) Anti-Crime Patrol


サムネイル用最終確認版
DL/ダウンロード


謝辞:
イラスト ジャムマン様
Lefebure様



The Akihabara demonstration is one of several planned nationwide to raise awareness of transnational crimes such as organized stalking and covert harassment. Akihabara organizer, ACP planned the demonstration as an act of solidarity with a great number of victims in the world. In this regard, we (ACP) should like to express our gratitude to FFCHS and ICAACT (foreign organizations for victims ) for various forms of aid in this demonstration.. 


(対訳)
秋葉原のデモはトランスナショナルな犯罪を周知するもので、ACPはこのデモを世界の被害者との連帯の表す行為として計画しました。この点で、私達(ACP)はFFCHSとICAACT(海外の被害者の為の組織)のこのデモに対するご協力に謝意を表します。



謝意:
イラスト ジャムマン
英文チラシプロジェクトリーダー Lefebure
協力 TN、サンライズマン、孫子、関係各位、ACP
(敬称略)





海外用周知チラシ:


・ ヴァージョンA)

英文チラシロ サムネイル
DL/ダウンロード


提出者:Lefebure(2014/09/08 ML0735番)
In Japan, Recentry, the fact that a law firm and a famous company used organized stalking a.k.a. gang stalking to dismiss whistleblowers and outspoken has been reported. Incredibly, their methodology of gang stalking involving covert harassment is almost the same as COINTELPRO (Counter Intelligence Program 1956-1971) conducted by the FBI. The operation against domestic political groups was based on methods of psychological warfare, legal harassment and illegal harassment including assassination to isolate and eliminate individuals from an organization and to disrupt their movement .In 1971 the program was exposed by news media. However , COINTELPRO-like tactics are still used to this day on the pretext of “Counterterrorism” in the US and all over the world. A new religious group in Japan is notorious for gang stalkers who use COINTELPRO-like tactics with hi-tech weapons to attack and assassin target remotly.
Today’s gang stalking is a highly organized and systematic persecution of an individual with the purpose of harassing her/him constantly in order to conduct him/her to a helpless situation. This is carried out by a group of apparently “normal” citizens. They are community operatives who are stalking and spying on neighbors every single day and night. The operatives purposely engage to impede and violate victim’s privacy and freedom. The gang stalkers , sometimes paid operatives who are equipped with eavesdropping device, and directed-energy weapons, use these weapons to manipulate, kill or damage on targets body without Ieaving any evidence.
In the US, Michigan and other states enacted legislation outlawing this type of electronic harassment. This lends credibility to the fact that these covert operations with the weapon exist. In Japan, since there is not any legislation against gang stalking, as an urgent issue of law of organized crime, we demand that an appropriate law put a stop any type of abuse by criminal organizations.


訳 (Lefebure)
最近日本で弁護士事務所や有名企業でギャングストーキングとして知られる組織的ストーキングをして内部通報者や会社と意見を異にする人を首にしたという事実が報道されました。信じられないことに彼らの密かに行われる嫌がらせを伴うギャングストーキングの手口はFBIの過去のコインテルプロという作戦と殆ど同じ手法でした。国内の政治団体に対するコインテルプロという作戦は、心理的交戦状態、 合法的嫌がらせ 非合法な嫌がらせを基礎に、個人を組織内で孤立させたり、組織から排除したり彼らの運動を分裂させる事が目的でした。1971年にマスコミにこのことが暴かれましたが、コインテルプロの戦術は、今日も反テロリズムという大義名分でアメリカだけでなく全世界で使われています。日本では新興宗教団体がコインテルプロのような戦術を使いハイテクの武器で遠隔からターゲットを攻撃したり暗殺します。
 
今日のギャングストーキングは極度に組織的で計画的な迫害行為です。目的はターゲットにした個人に止むことのない嫌がらせをして救いようのない状態に追い込むことです。これは一見したところ「普通の市民」によって行われます。彼らは被害者と同じ地域に住む工作員で隣人であるターゲットの尾行や監視をします。工作員の目的は被害者を苛つかせたりプライバシーや自由を侵害したり奪う事です。ギャングストーカーはお金をもらっている事も多く、しかも超音波盗聴器や,指向性エネルギーを放射する武器を持たされていて、遠隔からターゲットを操ったり、殺したり、体にダメージを与えます。
 
アメリカではミシガン州やほかのいくつかの州でこの種の嫌がらせは違法であるという法整備がされました。このことは今まで述べた秘密裏に行われる工作が存在するという事実に信頼性を与えるものです。
日本ではギャングストーカーを取り締まる法規制はありません。ですから、組織犯罪における緊急の法的課題として日本政府はこの犯罪を禁止する法を整備すべきです。




・ ヴァージョンB)


サムネイルイ
DL/ダウンロード


「No More Silent Killing!」

 Not only in Japan but also all over the world, crimes of ”gang stalking” and

covert ”electronic harassment” are increasing. Gang stalking a.k.a. organized stalking is

a set of systematic tactics used in so-called counterintelligence operations involving the

covert surveillance and harassment of a targeted individual. The goal of such operations is

to ”subvert” or “neutralize” an individual deemed by a group of apparently ”normal” citizens

who live in a victim's community, and the government agency. The perpetrators, the community operatives、conduct their operations under the color of law, many of their activities have neither moral nor constitutional legitimacy.

Electronic harassment is the use of directed-energy weapons which emit highly focused

energy such as electromagnetic waves, radio frequency, microwave, ultrasonic, subsonic,

lasers (technically a form of micro-projectile weapon) in order to harass a victim. The gang

stalker equipped with such weapons uses them to manipulate and murder the victim.

Once you are targeted as a victim, those covert/overt harassment continues 24/7 year-in-year-out. It is nothing but torture. As a consequence, many Targeted Individuals have committed suicide and others have been killed.

Please be aware that those horrendous and cruel crimes are happening around you every day.



materials :
The document of a lawsuit against The U.S. National Security Agency
http://www.bibliotecapleyades.net/scalar_tech/esp_scalartech12.htm


ACP’s Acknowledgements :
For various forms of aid in the preparation of this demonnstration, we should like to express our gratitude to these organizations below.

FFCHS (Organization for victim)
https://www.freedomfchs.com/

ICAACT(Organization for victim)
www.icaact.org/



今後、作成予定分



提出者:Lefebure(2014/09/01 ML0691番)
  Organized stalking a.k.a. gang stalking is a highly organized and
 systematic persecution of an individual with the purpose of harass
her/him constantly and boycott all the activities that they develop,
in order to isolate to take control of the victims life,manipulate the
victims mind and ultimately conduct him/her to a helpless situation.
This is carried out by a group of apparently "normal"citizens. They are
community operatives stalking and spying on neighbors.The operatives
purposely engage to aggravate the victims and to impede and violate
victims privacy and freedom.The gang stalkers, sometimes paid operatives
equipped with ultrasonic eavesdropping device,infrared detectors,and
directed-energy weapon, use these devices to damage on targets body.
This is extremely psychologically and physically oppressive.

In Japan, a new religious group is notorious for gang stalking people
who insist on revolution. Recently, the fact that a law firm and a famous
company used the methodology of gang stalking to dismiss whistleblowers
and outspoken has been reported. In the US, Amway is notorious for gang
staking. Not only in Japan and the US, all over the world,gang stalking
and covert harassment has sharply increased in recent years.


訳     (Lefebure)

 ギャングストーキングとして知られる組織的ストーキングは極度に組織的で計画的な迫害行為です。目的はターゲットにした個人に止むことのない嫌がらせをして
ターゲットがこれからしようとすること全てをさせないことで救いようのない状態に追い込むことです。これは一見したところ「普通の市民」によって行われます。彼らは被害者と同じ地域に住む工作員で隣人であるターゲットの尾行や監視をします。工作員の目的は被害者を苛つかせたりプライバシーや自由を侵害したり奪う事です。ギャングストーカーはお金をもらっている事も多く、しかも超音波盗聴器や、赤外線検知器や指向性エネルギーを放射する武器を持たされていて、ターゲットを操ったり、殺したり、体にダメージを与えたりします。これは極端に心理的精神的または肉体的に抑圧的な行為です。
日本では革命を主張する新興宗教の団体がギャングストーカーとして悪名高いです。最近弁護士事務所や有名企業で内部通報者や会社と意見を異にする人々を首にするためにギャングストーキングをしていた事実が報道されました。アメリカではアムウェイがギャングストーキングで有名です。最近では日本やアメリカだけでなく世界中でギャングストーキングとそれに伴う秘密裏に行われる嫌がらせがが急激に増えています。



提出者:Lefebure(2014/09/08ML0735番)
In Japan, Recentry, the fact that a law firm and a famous company used organized stalking a.k.a. gang stalking to dismiss whistleblowers and outspoken has been reported. Incredibly, their methodology of gang stalking including covert harassment is almost the same as COINTELPRO (Counter Intelligence Program 1956-1971) conducted by the FBI. The operation against domestic political groups was based on methods of 1 psychological warfare2 legal harassment and 3 illegal harassment including assassination to isolate and eliminate individuals from an organization and to disrupt their movement.
Such as
1. The FBI and local police department smear genuine activisrts as agents.
The FBI and police planted false media stories and published leaflets in the name of targeted groups. They used bad-jacketing to create suspicion about targeted activists.
2. The FBI and police abused the legal system to make activist appear to be criminal.
3. They committed assault, vandalism and assassination to threaten dissidents.
In 1971 the program was exposed by news media. However , COINTELPRO , allegations of improper political repression are still used to this day on the pretext of “Counterterrorism” A new religious group in Japan is notorious for gang stalking people who use COINTELPRO-like tactics with hi-tech weapons to attack and assassin targets.


訳               (Lefebure)
最近日本で弁護士事務所や有名企業でギャングストーキングとして知られる組織的ストーキングをして内部通報者や会社と意見を異にする人を首にしたという事実が報道されました。信じられないことに彼らの密かに行われる嫌がらせを伴うギャングストーキングの手口はFBIの過去のコインテルプロという作戦と殆ど同じ手法でした。国内の政治団体に対するコインテルプロという作戦は、1心理的交戦状態、 2合法的嫌がらせ 3非合法な嫌がらせを基礎に、個人を組織内で孤立させたり、組織から排除したり彼らの運動を分裂させる事が目的でした。例を挙げると
1 FBIと地方警察は汚い中傷をして全くそのようなことのない本物の活動家をスパイに仕立てあげたり、不正な報道記事をパンフレットにして活動家達の名前で出版したり、活動家たちを孤立させ排除する技術を使いターゲットの活動家に疑惑をもたれるように仕向けました。
2 FBIと警察は司法組織を乱用してターゲットの活動家を犯罪者であるかのように仕立てあげました。
3 FBIと警察は襲撃や蛮行をしたり暗殺をして意見の異なる活動家を脅迫しました。
1971年にマスコミにこのことが暴かれましたが、コインテルプロの戦術は、今日も反テロリズムという大義名分で使われています。日本では新興宗教団体がコインテルプロのような戦術を使いハイテクの武器で遠隔からターゲットを攻撃したり暗殺します。



提出者 Lefebure   (20140912ML0770)
In 1999,European parliament passed a resolution where it called “for international convention introducing a global ban on all developments and deployment of weapons which might enable any form of manipulation of human beings.” The originally proposed version of the resolution called for “an international convention for a global ban on all development … which might enable the manipulation of human beings, including a ban of any actual or possible deployment of such system” Here the term “actual” might easily mean that such weapons are already deployed.

Already in1997, Russian Federation(CIS) addressed the UN with a proposal of “prevention of informational war and limitation of circulation of informational weapons” written by a specialist in this field, Vladimir Lopatin. He stated that psychotronic weapons can “cause blocking of the freedom of will of a human being on a subliminal level”. In 2000, the Doctrine of Informational Security signed by the President Putin is listed “the ban of production, dissemination and use of informational weapon” However, Putin, in his speech in 2012, admitted development of weapons to attack the human central nervous system such as directed-energy, wave-energy, genetic and psychotoronic weapon.

In Lopatin’s book, “Psychotronic weapon and the security of Russia”
he pointed out “psychophysical weapon system can be used for a new type (informational weapon in informational war)…” Lopatin ‘s concept of defence against the remote control of the human psyche is not only the acknowledge of its existence, but also the fact that the method of informational and psychotronic war are fully operational. (“and are being used without declaration of war”)

Our purpose of this demonstration is to claim that the crime of gang stalking and the covert harassment using directed-energy weapons, which are able to manipulate human beings, is tool of informational war. In addition, the new type of war is already operational so that we propose the prevention of the war. We assume that the governments who own the techonology of informational war, can use it both within their own country as well as internationally. In this regard, our assumption came true in Ukraine. Putin’s new type of war in Ukraine is a copy of COINTELPRO(gang stalking tactics),” very covert but well-structured with agents, involving in many illegal activity many Ukrainians” according to Kyiv Post. In Ukraine, we can see the effect of informational war, which is capable not only of harming the health of an individuals, but also of causing the loss of ability, and political, cultural and social self identification .


訳    Lefebure
1999年ヨーロッパ議会で決議案が通過しました。それはいかなる形でも人間を操ることのできる武器の開発や配備を全世界的に法律で禁じることを謳う国際的代表者会議を呼びかけるものでした。その決議案のオリジナル版は人間を操作する事のできるシステムの今現在のまたはこれから実行可能な配備を含む全ての開発を禁じる国際会議を呼びかけるものでした。ここでの今現在のという言葉は既にそれらの武器が配備されている事を勿論意味します。
 
(ヨーロッパに先立つこと)既に1997年にロシア連邦は情報を伝達し人を操作する武器の流通の制限とその武器を使った情報戦争の防止を国連で訴えました。そのロシアの提案を書いた専門家であるLopatinは精神神経に影響を与え攻撃する粒子系の武器は人間の自由な意思を意識下のレベルで妨害する事が出来ると主張していました。2000年にプーチンは情報伝達により人を操作する武器の生産、ばらまき、使用の禁止が列挙されていた法案にサインしました。しかし2012年プーチンは演説で人間の神経システムを攻撃する指向性エネルギー、波形エネルギーまた遺伝子や精神神経を攻撃する粒子系の武器の開発を認めることを表明しました。

『精神神経を攻撃する粒子系の武器とロシアの安全保障』というLopatinの本の中で、「精神神経系を攻撃する粒子系の武器システムは新しいタイプの戦争(情報伝達により人を操作する武器を使った情報戦争)に使われるはずだろう」と述べています。彼の主張する人間の精神神経を遠隔から支配する事への防御策は、そのような事を可能にする存在を認めるだけでなく、情報伝達や精神神経を攻撃する武器を使った手法の戦争が完全に実行可能であるという事実を認める事だというものです。(その戦争は宣戦布告なしに実行される)

このデモにおける我々の目的は、人を操ることのできる指向性エネルギーを放射する武器を使う嫌がらせやギャングストーキングという犯罪は情報戦争のツールであると主張する事です。加えて、その新しいタイプの戦争は完全に実行可能ですので、我々はその戦争の禁止を提案いたします。我々は情報戦争の技術を有する政府は、その技術を自国内でまた同様に他国においても使うはずであると推測致します。この点において我々の推測はウクライナで現実となりました。プーチンのウクライナにおける新しいタイプの戦争はコインテルプロ(ギャングストーキングの手法)にそっくりです。キエフポスト紙によると「沢山のウクライナ人や彼らの違法行為を伴いながらも、とても秘密裏にしかも工作員らにより大変組織的に構成されている」戦争です。
我々はウクライナにおいて情報戦争の効果を見ることができます。それは個人の健康を害することだけではなく、その能力や政治的文化的また社会的帰属性を奪う事です。



・ 被害者有志様方へ

英文チラシは、作成者のご厚意により、「異常組織犯罪周知撲滅を目的」として使用するならば、著作権はフリーです。





関連記事
スポンサーサイト
2014.10.04 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
ACPについて

acpnihonをフォローしましょう



この日本で“20世紀少年のような集団ストーカーなどの組織的イジメ犯罪”がリアルで行われています。
私達ACPは、既存の方法と並行して新しいアプローチで、日本・世界が抱える組織的カルト犯罪撲滅の為に地道にアクションをしています

詳細は「集団ストーカー犯罪防犯パトロール(ACP)について」を御覧下さい。
※ (ナゼかカテゴリから繋がり難いという情報あり)

一個人、一団体では解決が難しい大問題でありますから様々な団体に所属している被害者様が集まり、孤立化することなく共に力を合わせ問題解決に取り組まないとならないと考えています。
日本の皆様は早急に事実を知りご協力ください。
※ 当サイトは所謂会員を募集するサイトではありません

ACP



acpnihon

Author:acpnihon
FC2ブログへようこそ!

防犯フライヤー:日本社会を守る広報
公益に沿った活動におきましてご自由にお使いください。



『テクノロジー犯罪の法制化を!!』フライヤー(PDF:406KB)
謝意:
作成者 Silver Bullets / Victini.w



『防犯 集団ストーカー犯罪』フライヤー(PDF:159KB)
謝意:
作成者 TN



'14版 デモフライヤー



'14版 デモフライヤーEG


「No More Silent Killing!」


DL/ダウンロード


DL/ダウンロード

謝辞:
イラスト ジャムマン様
担当リーダー Lefebure様
TN様
サンライズマン様



DL/ダウンロード


DL/ダウンロード


DL/ダウンロード

謝辞:
イラスト automa様
編集 サンライズマン様



DL/ダウンロード(表1)


DL/ダウンロード(表2)


DL/ダウンロード(裏面)

謝辞:
イラスト・編集 サンライズマン様


啓発音源ダウンロード
【たんぽぽの種様のデモコール音源DL】

組織犯罪周知撲滅目的にのみ使用をされてください。 たんぽぽの種様ご提供ありがとうございました。
ダウンロードは ⇒ http://urx2.nu/fr2u

使用参考動画は ⇒ こちら
活動⇒解決する為のご登録(ML)
ACPアクションの参加者ML」に参加しませんか?
↑メールアドレス入力して送信↑
(マイページ作成をしなくても使用可ですが、作成をすればより一層機能が使用できます)

目的: ACP企画・サポートアクションの参加者を募るための「ACP公式ML」です。

効率的に有志方に「アクション参加要請を伝達できる場」を設けることを目的としています。
広報担当の負担を軽減する為にもご協力ください。

注意事項:(必ずお読みください)
※ 会員を募集したり、被害のみを報告するMLではありません
※ 当ML内や懇親会等イベントにおきましての「特性思想、宗教等の勧誘行為」は固くお断りいたします
※ 「三つのマナー」をお守りくださる有志のみご参加できます。
二項目 http://acpnihon.blog.fc2.com/blog-entry-132.html
※ アクション後は貴重な懇親会・会合もあります

組織犯罪被害撲滅の為、日本の安心・安全の為にお気軽にご登録ください。

プライバシー保護の為「ML内の各メールアドレスは非表示設定」です。
ご安心してお使いください。

日本の為に周知の御協力を
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

人気ブログランキングへ



To people all over the world. Please translate, and look at this site.
Please impart information.

お問い合わせフォーム
被害者・有志・団体様の情報お待ちしています。
組織的異常犯罪をほっておく事は、日本・世界の未来を放棄することです。
残念ながら日本人全員がターゲットです。
犯罪撲滅という目的の下、何卒宜しく御願い致します。
※ 懇親会など御参加受け付けています(懇親会は1~4ヶ月に一回程度を予定)

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。