スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


【市民社会の総反撃の新たな一歩】 大沼安史様ご夫妻とデモ参加者との連帯のメッセージ
カテゴリ:(世界初)2013.5.5 第一回テクノロジー犯罪周知!法制化を要求するデモ / テーマ:ニュース / ジャンル:ニュース

テクノロジー犯罪周知!
法制化を要求するデモ

 
【開催日】 平成25年5月5日(日)子供の日
  多くの子ども達も知らずに加害されています。
『子どもの未来を守る為に』という我々被害者の想いを込めています。

【デモエリア】 渋谷・原宿・表参道周辺


【集合場所】  渋谷区・宮下公園 北側の広場

(渋谷駅から徒歩七分)
※ 雨天決行  

【集合】 13:30
(この大変に貴重な機会を逃さないように、ご参加してください)



【 大沼安史様ご夫妻とデモ参加者との連帯のメッセージです 】
※恐ろしい状況に日本がなっています
言論・表現の自由が壊されようとしている』事をしってください
御言葉をくださり、心より感謝を申し上げます。


 「こどもの日」に、デモに立ちあがったみなさまに対し、「電磁波照射・集団つきまとい」と闘う一人として――手をとりあって闘う、初老の二人の老人として――宮城県仙台市で「彼ら」と闘い続ける、わたし、大沼安史(おおぬま・やすし)と、羽倉久美子(はぐら・くみこ)の二人から、連帯の言葉をお届けしたいと思います。

 わたしたちに対する電磁波・集団ストーカー攻撃は、3ヵ月ほど前から、激しく露骨で、しかも陰険なものになり、エスカレートしていまに至っています。

 わたし、大沼の住む、仙台市青葉区国見(くにみ)の自宅マンション、妻、羽倉の仙台市太白(たいはく)区八木(やぎ)山の自宅一軒家とも、家の中に居るのも苦しい激しい照射が続いており、とくに木造住宅の八木山の妻宅では、室内(書斎)で高周波が9099mV/m(ミリ・ボルト・メーター 「安全目安」の91倍)を記録、屋外では同13071mV/m(ミリ・ボルト・メーター)というありさまです。

 このため、妻は自宅の仕事場と、イラストの請負仕事を放棄、コンクリート建てで、まだましな大沼宅のマンションに避難したものの、ここもまた、防護シートなどで防護しながら、リビングで、高周波が5962mV/m(「安全目安の60倍)、低周波が40.49mG(ミリ・ガウス、「安全目安」の40倍)もの状態。息絶え絶えになりながら、辛うじて生活を続けている状態にあります。

 車での尾行、つきまといも執拗かつ組織的で、先日などは、仙台市内の川内(かわうち)(地区を走行中、14.99mG(ミリ・ガウス)の低周波と、16.887mV/mの長周波を、車内において相次いで測定・記録しました。追尾の車両からの照射ではないか、と思います。車内を電磁波シートで防護しても、こんな数値です。外出するたびに、激しい照射を浴び、フラフラになっています。

 よほどの動員力・資金力を持った組織の仕業とみられますが、なぜ、わたしたちが狙われたかを推測するに、

1  大沼はブログで、「フクイチ核惨事」の真相を追及し、そのレポートを、東京の「緑風(りょくふう)出版」から、3冊のシリーズ本として刊行するなど、「脱原発派」として発言を続けていることに対する「口封じ」狙い〔未刊の4巻目では、フクイチの爆発がすべて核爆発(水蒸気爆発)であることを、米国の原子力規制委員会の内部文書(情報自由法にもとづく請求開示文書)で明らかにする予定でした〕

2  妻、羽倉については、信仰の在り方をアニミズムの立場からとらえなおす著書を 昨年の秋に出版し、「組織宗教」から一線を画す方向性を示したことに対する、反発と嫌がらせ



 ――が考えらます。

 とくに某宗教組織については、産廃業界を支持母体に持っていることから、「フクイチ放射能ガレキ」の「広域焼却」に反対した、わたしたちに対し、とりわけ「厳しい?」見方をしているのかも知れません。

 この点についてわたし、大沼は、北九州市での「広域焼却」に反対し、同じような目に遭わされたという方から、警告のメールを受けました。そこで、念のために周辺を調べましたところ、身近なところに「影」がさし込んでいるのに気付き、登記簿を入手して、警察などへ参考資料として提出しているところであります。

 わたしはこのようにして、苦しい状況下、かつて新聞記者をした(事件記者もしました)経験を生かし、少しは反撃できているわけでありますが、なぜ、そうあり得たかと申しますと、それはわたしたちが「二人」だからであります。

 わたしたちが昨年夏、再婚していなければ――個々ばらばらであったならば、わたしたちはたぶん、より深刻な状況に追いやられていたことでしょう。

 電磁波・集団ストーカーと闘い、最終的に規制立法を実現し、全国各地で非人道的な所業を重ねている犯罪集団を裁きの場に立たせるには、一人より二人、二人より三人の、連帯と信頼、相互理解が不可欠です。なんとしても必要です。

 そうしたなかで、「彼ら」に対して、防護の強化に加え、照射線量の測定とデータの保全、周辺の居住確認や権利状況の確認、尾行者の顔写真、車のナンバーの撮影など、証拠の保全と証拠の積み上げを続ける一方、「彼ら」の組織の、「表」の部分における良心的な会員への働きかけ、必要な局面における対立政党や人権団体との共闘、万が一の場合に備えた、社会への「訴え」を含む諸文書の準備など、さまざまな手段で対抗し、「彼ら」を断乎として追い詰めてゆく……。

 言うまでもなく、きょう、この日のみなさまがたの行動は、連帯と信頼の新たな足場を確立するものであり、悪魔のごとき「彼ら」に対する、市民社会の総反撃の新たな一歩であります。

 悲しいことに「彼ら」は、地域社会のこどもたちを使ってまで、ターゲットを威嚇するような組織です。

 自分たちと意見を異にするものを地域社会から一掃しようとする「彼ら」は、本来、人間の多様な可能性に使われるべきテクノロジーを悪用し、この国の未来を担うこどもたちが、さまざまな出遭いを通じた、多彩な創造力を手にする機会さえも奪い去り、破壊する、「地域ファシズム」の尖兵であります。洗脳集団であります。

 わたしたちは、この国のゆたかな未来を創る、担い手としての「自由な子どもたち」を育てるためにも、「彼ら」を追い詰めてゆかねばなりません。

 わたしたちの現在の闘いは、日本社会の未来のための――育ちゆく「いのち」のための闘いでもあります。

 信頼の絆を深め、あたらしい一歩を、ともに踏み出しましょう。


                      2013年5月5日 仙台より
                    大沼安史 羽倉久美子


机の上の空 大沼安史の個人新聞
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/



大沼 安史(おおぬま やすし)様
日本のフリージャーナリスト。
宮城県仙台市出身。
東北大学法学部卒業。
教育問題、国際問題等を専門とする。

略歴
1971年、北海道新聞入社
1995年、同社退社
1995年、宮城教育大学講師
2000年、青葉学園短期大学助教授
2003年、同大学教授
2006年 - 2009年、東京医療保健大学教授

主な著書
教育に強制はいらない 欧米のフリースクール取材の旅
教育に強制はいらない 続
教育改革ワンダーランド 学校システムを構造改革
希望としてのチャータースクール 学校を公設民営
戦争の闇情報の幻 9・11とイラク戦争をめぐる謀略疑惑
緑の日の丸
NONOと頑爺のレモン革命
世界が見た福島原発災害 海外メディアが報じる真実

翻訳
なんで学校へやるの アメリカのホームスクーリング運動
フリースクール その現実と夢
教室の戦略 子どもたちはどうして落ちこぼれるか
失われゆく子供期 アメリカ昼間保育の危機
「超」学校 これが21世紀の教育だ
チャータースクール あなたも公立学校が創れる アメリカの教育改革 「超」学校 2
「超」教育 21世紀教育改革の指針
「超」育児 潜在能力を壊さない子育て 出産から6歳まで
操られる死(安楽死)がもたらすもの
地域通貨ルネサンス まち起こしマネー戦略
世界一素敵な学校 サドベリー・バレー物語
イラク占領 戦争と抵抗
自由な学びが見えてきた サドベリー・レクチャーズ
戦争の家 ペンタゴン 上下巻
自由な学びとは サドベリーの教育哲学
諜報ビジネス最前線

大沼 安史著者ページ


関連記事
スポンサーサイト
2013.05.04 / コメント:: 3 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
ACPについて

acpnihonをフォローしましょう



この日本で“20世紀少年のような集団ストーカーなどの組織的イジメ犯罪”がリアルで行われています。
私達ACPは、既存の方法と並行して新しいアプローチで、日本・世界が抱える組織的カルト犯罪撲滅の為に地道にアクションをしています

詳細は「集団ストーカー犯罪防犯パトロール(ACP)について」を御覧下さい。
※ (ナゼかカテゴリから繋がり難いという情報あり)

一個人、一団体では解決が難しい大問題でありますから様々な団体に所属している被害者様が集まり、孤立化することなく共に力を合わせ問題解決に取り組まないとならないと考えています。
日本の皆様は早急に事実を知りご協力ください。
※ 当サイトは所謂会員を募集するサイトではありません

ACP



acpnihon

Author:acpnihon
FC2ブログへようこそ!

防犯フライヤー:日本社会を守る広報
公益に沿った活動におきましてご自由にお使いください。



『テクノロジー犯罪の法制化を!!』フライヤー(PDF:406KB)
謝意:
作成者 Silver Bullets / Victini.w



『防犯 集団ストーカー犯罪』フライヤー(PDF:159KB)
謝意:
作成者 TN



'14版 デモフライヤー



'14版 デモフライヤーEG


「No More Silent Killing!」


DL/ダウンロード


DL/ダウンロード

謝辞:
イラスト ジャムマン様
担当リーダー Lefebure様
TN様
サンライズマン様



DL/ダウンロード


DL/ダウンロード


DL/ダウンロード

謝辞:
イラスト automa様
編集 サンライズマン様



DL/ダウンロード(表1)


DL/ダウンロード(表2)


DL/ダウンロード(裏面)

謝辞:
イラスト・編集 サンライズマン様


啓発音源ダウンロード
【たんぽぽの種様のデモコール音源DL】

組織犯罪周知撲滅目的にのみ使用をされてください。 たんぽぽの種様ご提供ありがとうございました。
ダウンロードは ⇒ http://urx2.nu/fr2u

使用参考動画は ⇒ こちら
活動⇒解決する為のご登録(ML)
ACPアクションの参加者ML」に参加しませんか?
↑メールアドレス入力して送信↑
(マイページ作成をしなくても使用可ですが、作成をすればより一層機能が使用できます)

目的: ACP企画・サポートアクションの参加者を募るための「ACP公式ML」です。

効率的に有志方に「アクション参加要請を伝達できる場」を設けることを目的としています。
広報担当の負担を軽減する為にもご協力ください。

注意事項:(必ずお読みください)
※ 会員を募集したり、被害のみを報告するMLではありません
※ 当ML内や懇親会等イベントにおきましての「特性思想、宗教等の勧誘行為」は固くお断りいたします
※ 「三つのマナー」をお守りくださる有志のみご参加できます。
二項目 http://acpnihon.blog.fc2.com/blog-entry-132.html
※ アクション後は貴重な懇親会・会合もあります

組織犯罪被害撲滅の為、日本の安心・安全の為にお気軽にご登録ください。

プライバシー保護の為「ML内の各メールアドレスは非表示設定」です。
ご安心してお使いください。

日本の為に周知の御協力を
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

人気ブログランキングへ



To people all over the world. Please translate, and look at this site.
Please impart information.

お問い合わせフォーム
被害者・有志・団体様の情報お待ちしています。
組織的異常犯罪をほっておく事は、日本・世界の未来を放棄することです。
残念ながら日本人全員がターゲットです。
犯罪撲滅という目的の下、何卒宜しく御願い致します。
※ 懇親会など御参加受け付けています(懇親会は1~4ヶ月に一回程度を予定)

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。